今の英会話学校で、本当に英語が上達していますか?

子どもなんて外国人と話していれば自然に英語が話せるようになると思っていませんか?

では、お子様に聞いてみてください。

「本当に先生の言っている事わかるの?」と。

実は言語学上いわゆる英語のシャワーは全く意味がなく、英語力は上達しないのです。

言語教育を語る上で欠かすことのできないKrashenの「Input Hypotheses」によれば、人が習得できる量は「既存の知識+1」でしかないのです。

言い換えれば、英語が全く分からない子供が毎日英語をペラペラ話されても、全く意味がないということです。

まず少量の英語表現を習得し、定着させてから、さらなる表現を習得し、徐々に理解できる範囲を広げていく、日本語を習得する過程では誰もがやっている自然なことを英語で応用するだけなのです。

 

ネイティブでも幼稚園児はニュースを見ても理解しませんよね?

まずは子供番組の中でも「日本語」より「動き」が多い番組から徐々に「日本語」の量の多いものに慣れていきますよね?

 

その点ESKIDSでは、この言語学に基づいたSunny Bunnyの早期英語教育メソッドを使い、しっかりとした英語力を定着させます。

 

ただ、ここで大きな問題が生じます。

週1日、2日だけ英会話学校に通っても英語が「定着」することがないのです。

 

そこでESKIDSではこの「早期英語教育メソッド」と「オンライン英会話」を組み合わせ、2年でバイリンガルキッズを作ることができるようになりました。

 

通学レッスンで習得→オンラインで定着→通学レッスンで習得→オンラインで定着

 

さあ、「楽しいだけの英会話教室」を卒業し、お子様に「本物のバイリンガルキッズ」になりましょう。